日本料理は、薬そのもの

月に一回懐石料理教室に通っています。

これは、完全に趣味です。

茶道のお茶事(茶道は、元々みんなで懐石料理食べるのがメインです)をやりたくてなんだけど。


このお教室で感じるのが

【日本料理って、食べる薬なんだなぁ】

てこと。


先日も

問屋さんが跡継ぎがいなくて店を閉めたので

なかなか手に入らない食材の話しになり

【それ、家にあります】

ってわたし。


先生【えっ??なんで!!】

わたし【生薬だから、持ってます】

先生【これ、薬なのーー?】


と、懐石料理をやってる方も知らないことらしい。



写真の刺身のツマは


【防風】

【大海子】



コッコアポ・ナイシトールでお馴染み防風通聖散の防風

ピリッと苦辛い



風邪ひいた時などに使う大海子

無味無臭。ゼリーみたい



これに大根や紫蘇が載ってたら

ますます薬。


と思うと、毎日口に入れるものは薬だったりするので

偏った食事は、よくないんだなあ

って実感しますね。




☆なにごともバランスよく




これが大事だと思います。

最新記事

すべて表示

https://instagram.com/p/CG7baDls4wO/