top of page
陰陽太極図.jpeg

最近はまっていること

茶道20年、勉強しています。

本来の茶道って、お茶を飲むのではなく

お料理(茶懐石)でもてなし(お酒含む)、最後にお抹茶とお菓子で締めます。

その一連を、【茶事】と呼ぶのですが。

その茶事を自分でやりたくて、友をもてなしたくて

今年から懐石料理を習い始めました。


お懐石料理を習い始めて、しみじみ感じるのが

懐石料理も陰陽五行で成り立っているということ。

元々、茶道自体お茶室も陰陽五行で成り立っていますから

不思議ではないのですが

味の方も、【五味】だったり

食材そのものも薬(生薬)だったりするところが

漢方マニアには、本当に萌え満載です。

ひとりデヘ~っていた顔で食材見てます。


もうこの手まり寿司なんて

色も【五色】だったりして、萌え~




最新記事

すべて表示

体の衰え

茶道を続けていくには、正座が必須です。 が、一昨年、膝が痛くて曲げるのも辛く、整形外科を受診しました。 特に問題なく、なにかやってる?と聞かれ、茶道をと伝えると あ〜。文化の継承も大切だけど、考えないと、体が原因で継承できなくなるよ。正座は、ありえない足の形だから。 と。 最近の若い子は、正座や和式トイレも無理と聞くし、色々考えていかないといけないのでしょうかね。 何時間も正座するのは、確かに体に

Comentários


bottom of page