top of page
陰陽太極図.jpeg

病気との付き合いかた

薬局での出来事


ずーーーーっと熱が38度台あり下がらない


始めは、風邪と思われそのような治療を


結局、下がらず


風邪の他の症状は全くなくなり発熱のみ


大きい病院を紹介されました


結局そこでもわからず


大学病院へ。


更に詳しい検査をしましたが


原因わからず


リウマチなどの膠原病の検査も


問題なかったとのこと



その後

毎週通院し続け


精神安定剤を処方されてました

不安で眠れないから・・

(そりゃそうだよね)



で、結局ですね


熱は下がりました


原因は、今後もわかりかねますが

検査を続けますか?


と聞かれ、

お断りしたそうです。



「今年の異常な天気と体の変化などが重なったかもしれませんね」


と話すと

本当にそうだと思うとのこと。



印象的だったのが



病気は全部治してもらえると思ってた

けど違った

結局は、自分次第ですね



と、仰られました。


本当にその通りだと思っています。



医療人として


病気の辛さも苦しさも


目の当たりにしてもなお


そう思います。



付き合い方だと思っています。



人との関係と同じで

病気との付き合い方も

ほどよく

がよいかと個人的に思ってます

昔から同じこと言ってますね。


最新記事

すべて表示

体の衰え

茶道を続けていくには、正座が必須です。 が、一昨年、膝が痛くて曲げるのも辛く、整形外科を受診しました。 特に問題なく、なにかやってる?と聞かれ、茶道をと伝えると あ〜。文化の継承も大切だけど、考えないと、体が原因で継承できなくなるよ。正座は、ありえない足の形だから。 と。 最近の若い子は、正座や和式トイレも無理と聞くし、色々考えていかないといけないのでしょうかね。 何時間も正座するのは、確かに体に

コメント


bottom of page