糖尿病を自分で治す

過激なタイトルで、すみません。


私の母(70歳)のことです。


3年くらい前に、ふと気付いたら糖尿病の薬を飲んでいました。


母曰く


「血糖値が少し高いし、美味しいものは食べたいだろうから、薬飲んだほうがいいよ」


と、医師に言われたとのこと。



たしかに、ご飯大好きな母。


ストレスが溜まると(たまらなくても)よく甘いものをよく食べている母。


そりゃ血糖値が上がっても仕方ない。



薬剤師の娘としては、


【糖尿病が怖いのは、合併症のリスクだから!】


ということを、ずーーーっといい続けました。


が、全く母の心に刺さらず、そのまま2年の月日が流れました。



そんなある日、母が狭心症で入院し、ステント治療することになりました。


すると、治療後、心臓系の薬がごっそりと増え


さすがに「60代でこれはヤバイ」と私が(!)思い、まず糖尿病の薬を(いずれ)やめれるよう働きかけました。



1)薬飲んでるから安心♡という考えをやめさせる


2)毎日の食事が3ヶ月後の自分をつくるとわかってもらう


3)薬は、そのまま飲み続ける


この3つ!



食事の具体的な方法は


大好きなご飯は、おかわりしない!


朝は、お腹すいてないならパン半分!


おやつの甘いものをやめる!


と、糖質制限を少しだけしました。(だいぶゆるく)



半年後


血糖値・HbA1c、共に正常域になり、薬が減量


さらに半年後


薬中止となりました。



その間、血の巡りを良くする漢方、冷えをよくする漢方茶は、必要な時だけ飲んでもらいました。



現在、心臓の薬はたくさん飲んでいますが


糖尿病の薬はゼロで


血糖値・HbA1c、共に正常域です。




ここで注意しておきたいのは


【薬は自己中止しない!】


ということ。


急にやめることは、とても危険です。


食事を変えてもすぐに結果はでません。


じわじわとゆっくり効果がでます。


だから、焦らず、長い目でみて


医師にやめたい意思を伝えることも大切!です。



このことで、母は


☆本当に毎日の食事が大切なんだ!


ということ


☆病気は、自分が作っている面もある!


ということがわかったようで


食事面のゆる〜い糖質制限は、続いています。



嬉しい反作用として


食事が一緒な父も痩せました。




このことで


改めて、毎日の食事は、疎かにしてはいけないなと思っています。




私は、今日友との外食だったので、明日は、質素にします。



母の大好きな焼き芋も、3口まで(泣)






​© 2023 by Yoga by the Sea. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now